LINEで送る

ブログBlog

きょうは、おしゃかさまが、お悟りを開かれた日。

2017年12月08日

*全国で、「釈尊成道会(しゃくそんじょうどうえ)」の法会が営まれる*

きょう、12月8日は、おしゃかさまが、お悟りを開かれた日と言われています。

 

全国の仏教教宗派、仏教徒教団、仏教寺院の多くに於いては、このおしゃかさまの

 

お悟りを開かれた日を記念し、「成道会」が、つとめられていることでしょう。

 

その「成道会」を今年もまたお迎えすることの出来た「よろこび」を

 

多くの皆様と共有共感したいと想うところでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

12月8日は、「釈尊成道会(しゃくそんじょうどうえ)」

2017年12月05日

*成道(じょうどう)とは、おしゃかさまが、お悟りを開かれたこと*

12月8日は、おしゃかさまが、お悟りを開かれ、人間から、「ほとけさま」に

 

なられた日です。日本の仏教各宗派に於いても、このおしゃかさまの「成道」に

 

ちなんだ法会「成道会」が行われます。どうぞ、皆様も、ご縁がございましたら、

 

この「成道会」の法会にお参りいただけたらと存じます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

信仰のよろこびは、「神聖なるもの、そのものへのよろこび」

2017年12月02日

*信仰の有り難さは、「神聖なるもの、そのものへの有り難さ」*

私たち、人間が神仏なるもの、神聖なるもの、霊的なるものの存在を信じ、

 

宗教的、信仰的行為を実践する動機の多くは、自分もしくは自分たちにとって

 

目に見える形での利益、例えば、原始社会においては、食べ物が豊富にあることを

 

神聖なるものに祈る、戦乱の世にあっては、戦の勝利を神聖なるものに祈る、現代

 

社会であれば、恋愛の成就を神聖なるものに祈る、等々、私たち、人間は、

 

神聖なるものにさまざまな望みをお願いし、祈ります。そこには、その望みごと、

 

願いごとがかなうことを強く欲する感情があります。そして、その望みごと、願いごとが

 

かなえば、歓喜に舞い上り、かなわない時は、悔しさ、悲しみの中に落ち込む、

 

このような感性は、「真の信仰のよろこび、有り難さ」を感受する感性とは、一線を画すると思われます。

 

「真の信仰のよろこび、有り難さ」とは、「神聖なるもの、そのものへのよろこび、有り難さ」であり、

 

何らかの願いごとをお祈りする時は、結果であるご利益に執着するのではなく、

 

「最終的には、神仏なるものにすべてをおまかせする」という想いが大切ではないかと

 

存ずる次第でございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

霊験あらたかな、日蓮宗のご守護神さま 

2017年12月01日

*ご守護神さまは、信仰修行者をお守りになる*

日蓮宗には、様々なご守護神さまがいらっしゃいます。

 

「鬼子母神(きしもじん)さま」・「大黒天(だいこくてん)さま」

 

「七面大明神(しちめんだいみょうじん)さま」・「妙見大菩薩(みょうけんだいぼさつ)さま」

 

「三十番神(さんじゅうばんじん)さま」・「帝釈天(たいしゃくてん)さま」

 

「毘沙門天(びしゃもんてん)さま」・「摩利支天(まりしてん)さま」

 

「最上稲荷(さいじょういなり)さま」・「三宝荒神様(さんぼうこうじん)さま」など、

 

多くの方々に信仰されています。このご守護神様方は、それぞれの起源をお持ちですが、

 

仏縁によって、日蓮宗の信仰修行者をお守り下さっています。

 

合掌

 

玄妙事務所

http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「釜〆のお経」をお上げする季節となりました。

2017年11月30日

*「釜〆のお経」は、「三宝荒神様(さんぼうこうじんさま)」への感謝のお経*

「釜〆のお経」は、火の神様、「かまど」の神様である「三宝荒神様」に

 

感謝を申し上げるお経です。日本では、古来より、台所や「かまど」は、最も、

 

清浄な場所とされて来ましたが、年の瀬を迎えると、一年間、ご飯を炊く役目を

 

つとめてくれた「かまど」の守り神である「三宝荒神様」に感謝申し上げるお経が、

 

「釜〆のお経」といわれるものです。この仏教行事は、日本古来の神道においては、

 

神棚等の神様まわりを綺麗にし、新年を迎えるための「かまじめ」の神事として、

 

行われています。

 

仏事である「釜〆のお経」にいたしましても、神事である「かまじめ」にいたしましても、

 

年の瀬を迎え、また新たな一年を迎えるに当たっての「日本の美しい精神文化」として、

 

神仏を尊ぶ心を持つ、私たち日本人の「神事」「仏事」として、後世に伝えていきたいものですね。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.