LINEで送る

ブログBlog

故人が、在家仏教教団の信者で、葬儀を司式させていただく場合。

2017年06月25日

*可能な範囲で、故人の思いを反映させていただく*

ご依頼をいただく法務で、仏教系在家教団のご信者であられた方の葬儀を司式させていただく

 

ことがございます。様々なケースがありますが、その中で、わたくしども、僧侶からの

 

法号(戒名)の授与がなく、俗名で司式をさせていただくこともございます。

 

その折、故人が、ご信仰されておられた教団からは、法名の授与がある場合がございます。

 

本来であれば、その教団からの法名授与は、わたくしども僧侶が勤める司式とは、

 

関係のないものではございますが、「故人の思い」を汲み、その法名を葬儀式の中で、

 

「読み上げ」させていただく場合もございます。これは、故人の人生に於いて、

 

その「ご信仰」が「心の糧」として、非常に重要なものではなかったかということに、

 

想いを致し、その「ご信仰」に対し、「敬意」を表するため、「読み上げ」させていただいて

 

いるのでございます。

 

そして、そのご信仰が、「お題目」のご信仰であられたならば、可能な限りに於いて、葬儀にご参列の

 

方々と共に、「お題目」をお唱えさせていただいているのでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

故人の成仏を祈り、参列者とともに、お題目を唱える。

2017年06月19日

*お題目を唱えることは、「故人の成仏」への力となり、「自身の心身清浄」への力となる*

わたくしどもは、通夜・葬儀・供養法要等に於いて、「故人の成仏」をお祈りするため、

 

参列者の方々とともに、出来得る限り、「お題目・南無妙法蓮華経」を、ご一緒に、

 

お唱えさせていただいております。もちろん、そこに、参集された方、それぞれの任意での

 

ご唱和ですが、わたくしたち、日蓮聖人のお教えを信奉する者にとっては、

 

「お題目・南無妙法蓮華経」をお唱えすることは、宗教表現・信仰表現の第一・根本と

 

なりますので、あらゆる法会にて、「お題目」をお唱えし、また、その法会に参加・参列されて

 

おられる方にも、「お題目」のご唱和をお呼びかけさせていただくのであります。

 

そして、その法会が、通夜・葬儀・供養法要などの「故人の成仏」をお祈りするための場で

 

あるならば、その「お題目」は、まず以って、「故人の成仏」のために、大きな「お力」となり、

 

次に、その唱えられた「お題目」は、唱えられた方ご自身の「心身清浄」のために、

 

大きな「お力」となることでありましょう。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「パワースポット」に行くこととは?

2017年06月13日

*「パワースポット」で「お浄めのお力」をいただく*

日本各地には、「パワースポット」と言われる場所があります。その多くは、

 

神仏をお祀りしている神社・仏閣などに関連した場所にあります。

 

では、その「パワースポット」から、「不思議なお力」をいただくには、どうすれば、

 

良いのでしょうか?

 

私の考えでは、もし、その場所に、社殿なり、お堂が在れば、まず、お参りをしていただきたい

 

と、存じます。それから、回数を重ねて、行っていただくことも大切だと存じます。

 

「パワースポット」に行かれる方は、人それぞれ、さまざまな理由で行かれると思いますが、

 

ご自宅から、遠距離にある場所は、普通であれば、年に何回も行けません。

 

ですから、たとえば、ご自身が大切に思われている場所が、遠距離に在って、頻繁には

 

行けないとしたら、その場所は、時間的に余裕がある時に行くこととして、普段は、

 

日々の生活の中で、出来れば、毎日でも、行くことが出来る場所をお探しいただくと

 

良いと存じます。そして、実際には、無理なく、お参り出来る時に、行くということで

 

良いと存じます。

 

また、そのような「パワースポット」の場所がご自身の行動範囲内に見つからない場合は、

 

少し、時間を掛けてお調べいただき、月に一度ぐらいは行くことが出来る場所をお探しいただくことを

 

おすすめ致します。

 

このように、「パワースポット」へ、回数を重ね、その場所へ行くことによって、

 

「神仏のお力」を通して、ご自身の内に知らず知らずと積み重ねっていく「罪」・「穢れ」を

 

「お浄め」していただき、運気が高まる「より浄らかな心身」となり、日々を過ごさせて

 

いただけるよう、「祈り・感謝」申し上げることが、「パワースポット」へ行く第一の意味

 

であると存ずる次第でございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

仏さまの心は、常に、開かれている。

2017年06月11日

*「開かれた心」には、「執着」・「私利私欲」がない*

わたくしたち人間は、さまざまな「欲望」・「執着」を持ち、生きています。

 

「物欲」・「金銭欲」・「名誉欲」・「自己顕示欲」・「食欲」・「性欲」・

 

「睡眠欲」等、さまざまな「私利私欲」・「欲望」と共に、生きています。

 

「私利私欲」・「欲望」の無いお方は、「仏さま」と言えます。

 

「仏さま」は、「悟り」を「開かれて」、「仏さま」となられました。

 

「悟り」と言った場合、それは、言葉の表現としては、「ひらめく」でもなく、

 

「わかる」でもなく、「開く」ものなのです。

 

そこで、想像してみると、「心」が、「完全に開かれた状態」であると、

 

「私利私欲」・「執着」は、「ゼロの状態」であると言えるのではないか、と

 

考えます。

 

このように考えると、「心」が「開かれた状態」にあれば、あるほど、「私利私欲」が,

 

少なく、「心」が「閉じた状態」にあれば、あるほど、「私利私欲」が、多いということに

 

なります。

 

ただ、「自分の心」の「開閉具合」は、「自分」では、測ることは、出来ません。

 

それを、「正しく」測ることが、出来るのは、「仏さま」だけなのです。

 

ですから、わたくしたち人間は、日々、自分を振り返り、反省しながら、「精進」を重ねて

 

行く以外、「開かれた心」を目指す道は、無いと思われるのでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人生の悩み・苦しみを「神仏とともに」乗り越えさせていただく。

2017年06月10日

*「神仏とともに」という、気持ちが大切*

結婚式の時の「誓いの言葉」に、新郎新婦が、「どんな時も、生涯、ともに、助け合って、

 

人生を歩んで行く」という「誓い」がありますが、この「誓い」は、新郎新婦という、二人の

 

「人間同士の誓い」です。この「人間同士の誓い」は、非常に尊いものです。しかし、人生には、

 

時として、「人間の力」・「人智」では、解決困難な事象が起こることもあります。そのような時、

 

私は、「神仏のお力を以て、神仏とともに、この困難を乗り越えさせていただこう」という、

 

「心構え」=「信仰心」が、大切であると思っております。

 

この「神仏とともに」という「心構え」=「信仰心」は、「人間対人間」との間における関係性ではなく、

 

「神仏と人間」との間における関係性になります。

 

この「神仏と人間との関係性」は、「神聖なるもの」であり、「浄らかなるもの」でなければなりません。

 

そして、その「神聖なるもの」・「浄らかなるもの」のお力を以て、「神仏とともに、困難を乗り越えさせて

 

いただく」ことこそ、その「信仰の崇高さ」を示すものとなると信ずるところでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.