LINEで送る

葬儀・法事等の後に、食事を共にするということも、大切な仏事である。

2017年08月06日

*身なりを整え、仏事式に参列し、その後、会食に臨むことは、仏事のご修行でもある*

一般の方々が、葬儀・法事等に参列される場合、たいていは、その仏事式に臨むに際し、

 

身なりを整え、威儀を正し、出席されます。そのことは、故人の供養の場に臨むに当たり、

 

故人、ご遺族に対して、深甚の弔意・敬意を表すためでもあり、また、「ご自身のご修行」と

 

いう意味では、「仏事供養式に参加をする」という「尊いおつとめ」を修することにもなるのです。

 

そして、仏事供養式の後、式に参加をされた方々と食事を共にするということも、その「尊い

 

おつとめ」の一環となると存じます。なぜならば、その仏事式に参加をするに当たり、身なりを

 

整え、威儀を正して、深甚の弔意・敬意を表して、その場に臨まれており、その式後の会食も

 

「故人に対する供養の心、ご遺族に対する慰め・思いやりの心」に満ちた「平和で、きよらかな」

 

会食になると疑わないからでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.