LINEで送る

日蓮宗について知ろう!日蓮宗が生まれた背景とは?

2018年05月11日

日蓮宗の開祖である日蓮上人は1222年に現在の千葉県鴨川市の小湊で生まれました。

日蓮上人が誕生した時、鯛が群れを成して海面に現れたという伝説があり、この海での鯛の漁は禁止されています。

 

漁師の家に生まれた日蓮上人が日蓮宗を開いた背景は、安房の国の人々の貧しさが一因だと言われています。

当時の安房鴨川の人々の多くは耕作面積が少ないために漁業で生計をたてていましたが、荒れる海での漁はきつく、生活は苦しかったと言われます。

このような光景を常に目にしていた日蓮上人は、人々を救うために出家して清澄寺へ入り立教開祖を宣言しました。

 

その後は比叡山や高野山でも学び、目指すべき教えを探し求めました。

日蓮上人の教えの元は常に幼いころに暮らした安房鴨川にあり、貧しい人々を救いたいという願いが原動力です。

そのために他の宗派と袂を分かつことになっても信念を曲げず、大乗仏教の重要な法典である法華経を信仰し帰依する意味のある南無妙法蓮華教を人々に説きました。

 

逃れられない現世の苦しさから救いを求める人々に対し、日蓮上人は南無妙法蓮華教と唱えるだけで成仏する道が開かれると教えました。

弱い立場にある市井の人々を救いたいという日蓮上人の心こそ日蓮宗が生まれた理由と言えるでしょう。

その原点は今も安房小湊にある誕生寺や清澄山清澄寺で見ることができます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.