LINEで送る

人助けをすると、自分のためになるのはなぜか?

2018年06月30日

◇浄、不浄(きよらか、きよらかでない)が、霊的現象の尺度となる◇

昔からの言葉に「情けは、他人(ひと)のためならず」というものがありますが、

 

これは、「他人のために尽くすと、それが、やがては、巡りめぐって自分の幸いとなり

 

戻ってくる」というような意味になると解釈いたしておりますが、これを「科学的に証明せよ」

 

と言われれば、「それは、できません」としか、答えられません。それでは、「霊的現象として

 

説明せよ」と言われれば、私なりにお答えさせていただくことができます。

 

それは「他人のために、見返りを求めない、きよらかな心、無私の心で尽くすこと、人助けを

 

すること」は、霊的世界に於いては、その価値が、非常に高い位置にあり、その価値の持つ作用

 

により、霊的現象として、人助けを為した者に、幸いがもたらされるとご説明させていただく

 

次第でございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京立川 僧侶派遣 法華経手配
http://hokekyo-tehai.com/

アメブロ「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701
TEL 042-512-5313 / MAIL genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.