LINEで送る

やすらかに、きよらかに「玄妙法話*ひと口説法」(9)成熟社会の在りよう

2016年09月20日

ここ何年か、マスメディア等で、

 

「今後、日本社会は、成熟社会を目指すべき」、「成長から、成熟へ」と言ったニュアンスの言葉を耳にします。

 

私は、有識者ではありませんが、最近、気づかされたことがありましたので、書かせていただきます。

 

現在、私は、首都圏に在住し、移動手段として、公共交通機関を利用していますが、数か月前までは、

 

何十年もクルマでの移動が主でした。ですから、たとえば、朝の通勤電車のラッシュ時の混雑など

 

経験がありませんでした。何らかの影響によりダイヤが10分程度遅れたぐらいでも、車内が文字通り「すし詰め」状態

 

となり、場合によっては、この状態が数十分続くこともあるので、中高年の私には、結構応えます。まだ、その頻度が、

 

月に2,3回なので、何とか、乗りきっていますが、毎日、あの電車で通勤されている、特に同年輩の方は、「慣れ」と

 

いうこともあるかも知れませんが、「大変だなあ」と感じます。余談ですが、その「すし詰め」状態の中で、人によって

 

は、バランスを保ちながら、スマホを操作している方が、いらっしゃいます。もう、ああなってくると、ひとつの

 

「熟練の技」としか思えません。ところで、私の今回の「気づき」ですが、(私は、元来、「気づく」のが遅いと自覚

 

していますが)その通勤電車の中に、グリーン車を二両ぐらい連結し運行している路線のものがあり、(通勤電車として

 

は、比較的、長距離路線と思われますが)先日、首都圏の主要駅で、2~3番、離れたホームから、その電車を眺めて

 

いると、普通車の「すし詰め」状態とグリーン車の「指定席」状態の格差が、あまりに、くっきりと映り出されていて、

 

これでは、今の日本を「成熟社会とは、呼べないな」と思った次第です。

 

この事例は、現在の日本社会に於いて、一例に過ぎないと思いますが、もし、他に、さまざまな場で、「未成熟な光景」

 

では?と気になるシーンがあった時は、何とか、みんなで考えて、たとえば、外国から、日本においでになる人たちから

 

「日本社会の成熟度は、素晴らしい」と、言っていただけるように、創意工夫をしていきたいものですね。合掌

追伸 今回の内容は、直接、信仰とつながる話では、ありませんでしたが、間接的には、深く、つながっていると想い

 

執筆いたしました。

 

nigaoe_ashikaga_yoshimitsu

 

玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.