LINEで送る

ブログBlog

先祖を供養するという行いは、仏道修行の行いでもある。

2018年06月19日

◇先祖の供養をする事により、自分の心もきよらかとなる◇

わたくしたち、日本の仏教徒は、その宗教行為に於いて、先祖の供養をよく致します。

 

お葬式も、先祖供養のひとつのかたちと言えると思いますが、お葬式を終えると、初七日供養、

 

四十九日供養、初盆供養、彼岸供養、一周忌供養と供養を重ねて参ります。

 

そして、その供養ごとに、お供え物等の準備をし、僧侶を迎えて、お経をあげてもらう。

 

そのような供養を行うには、時間もお金もかかりますが、それぞれの事情の許す限りのおいて、

 

供養をする事が大切であり、その供養の行いが、自身の仏道修行となり、信仰心が高められ、

 

心の浄化へとつながって行くのです。そして、それが、自身の人生の幸福へとつながりゆくもの

 

なのです。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

暮らしの中の仏事供養の大切さ

2018年06月12日

*仏事供養の営みは、日々の暮らしを心豊かなものとする*

「供養」という言葉は、仏教に於いては、もともとは、僧侶や僧団に、尊敬の念も以て、

 

修行生活に必要なものを提供することを意味していましたが、現在の日本の仏教では、

 

「供養」といえば、死者の霊に対して、冥福、成仏を祈るために行われるものとなっています。

 

人が、亡くなると、葬送の儀式、お葬式が、営まれます。そして、荼毘にふされての火葬、その後の

 

初七日~四十九日、百か日、と「供養」が重ねられます。やがて、お墓等への納骨「供養」も行われます。

 

また、年間の仏事供養としては、春のお彼岸、夏期にはお盆、秋のお彼岸が、代表的な「供養」です。

 

このように、日本の仏教では、死者の霊に対して、冥福、成仏を祈ることが、「供養」の主流として、

 

受け入れられています。こうした「供養」の有りようは、日本古来の精神風土である祖霊信仰を受け継いだ

 

形で、現在の「供養」につながっているとも考えられますが、いずれにせよ、「日本の精神文化」と

 

して、日本の仏事「供養」を大切にしていきたいものですね。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人生をより幸福なものとするための「信仰心」とは?

2018年06月08日

*「信仰」の根本は、「神聖なるもの、きよらかなるものにふれる喜び」*

わたくしたち人間は、さまざまな事を経験しながら、人生を送ります。

 

生きるということは、まず、生命体として、生命を維持することでもありますから、

 

動物と同じように、食物を摂取し、睡眠をとり、住環境を整えて、生命を維持しています。

 

その上に於いて、人間は、精神活動というものを発達させていきます。精神活動というのは、

 

例えば、自己顕示欲、名誉欲、金銭欲、支配欲という形で表れることもありますが、その一方で、

 

他の動物にはない「神聖なるもの、きよらかなるものを求める精神性」という形で表れることもあります。

 

そして、その「神聖なるもの、きよらかなるものを求め、それに、ふれる喜びを感受すること」が、

 

「信仰心」の根本であり、人生をより幸福にするための「素」になるのではないかと想うところで

 

ございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遺品整理業者様からの供養、お祓いの依頼

2018年06月03日

*ビジネスに於ける宗教心の大切さ*

現在の日本社会の傾向の一つである少子高齢化、生涯独身などの状況に於いて、

 

故人の遺品を家族が整理することが出来ず、遺品整理の専門業者が、有料で遺品整理の

 

業務を遂行するケースも珍しくないこととなっているようですが、その遺品整理を業務として

 

おられる業者様から、故人の家からの引き取り品である仏壇、仏具、仏像、お守りお札類、

 

位牌、遺影などを処分する前に供養・お祓いをしてもらいたいと、当僧侶派遣事務所に依頼

 

されることも増えてきています。このようなケースの場合、遺品整理をビジネスとしておられる

 

ということではありますが、そのビジネス業務遂行に当たり、神仏を敬い、故人の霊に対して

 

供養の心を以て接するということは、誠に、大切な、尊いことと存ずる次第でございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お焼香で混乱したくない!お坊さん派遣会社が宗派ごとのお焼香の仕方を解説

2018年06月20日

自分の家庭が仏教であるということは知っているものの、宗派は何か知らないという人は意外に多いものです。

自分の身内であるお葬式に参列した人であれば、お焼香の仕方を覚えている人も少なくないのですが、実は宗派によって違うということは意外に知られていません。

 

お坊さん派遣といったサービスを提供している会社では、お葬式の前にお焼香の仕方を参列してくれる人の前で説明しているといったことも行っています。

 

お焼香の場には、右側に抹香が入った器・左側に香炉が置かれています。

親指と人差し指そして中指の3本で抹香をつまんで左側の香炉に移すのが一般的なお焼香です。

 

この際に押し頂くと呼ばれる抹香をつまんだ後に、自分の目の上あたりまで掲げる場合があります。

この行為は実は宗派によって異なるのです。

 

浄土真宗本願寺派ではこの押し頂く行為は行いません。そして焼香の回数は1回とされています。

 

真宗大谷派も押し頂く行為は行いませんが、回数は2回です。

 

真言宗と日蓮宗では抹香は3回押し頂くかたちで行います。

 

曹洞宗は2回抹香を行うのが基本です。

 

天台宗や臨済宗には特に決まりはないとされていますが、主流となっている行為はあるので周りを見て確認することがおすすめです。

 

最近では自宅やお寺で葬儀を行わず、葬祭場で葬儀を行うことがほとんどです。

わからないことは斎場の人に確認しておきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.