LINEで送る

ブログBlog

「お戒名」って何ですか?

2016年10月27日

*お戒名は、仏教徒の証し*

 

戒名(法名)とは、本来、その人が、仏教に入信した時に、僧侶から授与される、信仰上の名前です。

 

その意味では、キリスト教で、洗礼を受けた時に、神父、牧師から与えられるクリスチャンネームと同じ

 

意味合いになります。ですから、本来的には、この世に生きている時に授与されるものですが、現代の日本の

 

仏教各宗派では、葬儀の時に、授与される形が、大半となっています。たとえ故人が、生前中、篤信の仏教徒で

 

あられたとしても、生前の戒名(法名)授与という形は、一般的ではないと思われます。

 

このような、現代的な戒名授与のひとつの形を踏まえた上で申し上げますと、通常、葬儀の折に、一つのお位牌に、

 

故人の「お戒名」と生前中のお名前「俗名」を並記(もしくは、表に、お戒名、裏に俗名を記載)しますが、

 

このことは、まさに、故人の精神世界「霊性」が、「俗名」が示す「在俗」の世界から、「戒名(法名)」が表す

 

「仏道」の世界へと発展成長し、やがては、「成仏」への道へと、進み行かれることを表記したものと解釈

 

いたしております。合掌

 

玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お焼香には、どのような意味があるのですか?

2016年10月25日

*お焼香は、大切な仏事行為*

 

お焼香とは、「香り」による仏事行為です。その点では、お仏前、ご霊前にお上げするお線香と意味合いは同じ

 

です。お焼香のお香は、元来、東南アジア原産の芳香を放つ樹木、「香木」が使われ、香炭の火で焚いて、その香り

 

を立ち昇らせることによって、たとえば、通夜、葬儀などの場では、故人への弔意、敬意のこころを表したり、

 

その式場を、通夜、葬儀の場にふさわしい清浄なる場、やすらかなる場に為さしめんとする行為がお焼香です。

 

ただ、宗派によって、「お焼香」の意味合い、解釈の違いもありますので、それぞれ、属されている宗派のご僧侶に

 

お訊きいただくことも大事なことと存じます。仏教学者の藤井正雄博士は、お焼香について「仏の使いとも、

 

仏の食事ともいわれ、その香りは、供える人の身と心を清浄にするとともに、すみずみまで行き渡るものである

 

ところから、すべての人々に差別なく行き渡る仏の慈悲をたたえるためのものともいわれます。」とご教示されて

 

います。合掌

 

玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

うちの宗旨宗派がわからないのですが・・・

2016年10月21日

お坊さんにお葬式をお願いする

首都圏などの大都市圏では、地方から移り住んで来られた方の中に、さまざまなご事情で、ご自分の家の代々の宗教、

 

宗旨宗派がわからない状況のもとで、私どもに葬儀を依頼されるケースもございます。

 

そのような場合、私どもは、日蓮宗僧侶が司式をさせていただくので、あらかじめ、

 

「日蓮宗の法式(ほっしき)による葬儀」ということをご了解していただいて、おつとめさせていただいています。

 

このことは、私どもにとりましても、大変、重要な点であると同時に、尊いひとつの仏縁を結ばせていただくという

 

認識のもと、まごころを以ておつとめさせていただいております。合掌

 

玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お葬式の流れ

2016年10月29日

大切な家族が不幸にも亡くなってしまったしまったときには、お葬式を執り行うことになりますが、病院などで亡くなってしまった場合は、ご臨終で遺体を搬送する必要があります。

病院が紹介する葬儀社に搬送を依頼すると割高になることが多いので、終活の一環として前もって葬儀社を比較検討しておくと、妥当な費用で搬送してもらうことができます。

 
病院から遺体を運び出したら、充分な広さがある場合は、自分の家に向かい宗派の作法にしたがって、部屋に安置します。
マンションなどで自分の家に遺体を安置できるだけの充分な広さがない場合は、火葬場に併設されている霊安室に遺体を安置する方法を選ぶ方も多くなっています。

 

 

近頃は、火葬場の霊安室に遺体を搬送する遺族が増えているため、満員で、すぐに遺体を安置できないことも多いため注意する必要があります。

遺体を安置したら、葬儀社の担当者と打ち合わせを行い、故人のお通夜と告別式が葬送儀礼に則って行われます。

 

 

告別式の後に葬儀場から遺体が火葬場に搬送され火葬されます。

本来であれば故人が亡くなって七日目に初七日法要が行われるのですが、近頃は告別式を執り行った日の内に初七日法要を済ませてしまうのが一般的です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

葬儀費用の相場

2016年10月25日

葬儀支出は平均200万円前後と言われており、それを念頭に葬儀費用の相場を知っておくことが大切です。
この200万円という額は参列者を招く一般的なタイプの葬儀であり、家族だけで行う家族葬や火葬だけで終わらせる直葬、通夜告別式を1日で行うケースなどではそれよりも下がることになります。

 
もちろんこの金額すべてを自己負担するケースはほとんどなく、参列者からの香典を頼りにある程度自己負担を減らすということも可能となります。

最近では生命保険から給付がある場合もあるため、加入している生命保険、今後加入を予定している生命保険に葬儀費用の給付があるかどうかというのもチェックすることが大切です。

 

 

また、1社だけの見積もりで葬儀費用を出してもらうというのは、相場から実際はかけ離れていたとしてもそれに気づくことができない場合が出てきてしまいます。

そのため、「複数の葬儀会社に見積もりを出して検討する必要がある。」と、アドバイスする人も多くいます。

 

 

葬儀の形式や規模によってこうした葬儀費用の相場は大きく変わります。
自己負担としての限界の金額や生前に希望していた葬儀のスタンスなど事前に相談を重ねることができる場合にはきっちりと相談することが求められます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.