LINEで送る

ブログBlog

8月27日は、日蓮大聖人、「松葉ヶ谷法難」の聖日

2017年08月26日
*「松葉ヶ谷法難」当時の日蓮大聖人の息づかいが伝わる鎌倉の日蓮宗寺院群*
日蓮大聖人さまは、建長5年、御年、32才の時、立教開宗の宣言をされ、その後、
当時幕府が置かれていた鎌倉に出られ、辻説法をはじめ、本格的に、布教活動を開始され
ました。文応元年、御年、39才の時には、「立正安国論」を著され、幕府の最高権力実力者で
あった北条時頼に送り、幕府の根本方針について、正しました。その論説には、その当時の
危機的な状況、すなわち、地震・洪水・飢饉・疫病などの災害が起こる原因は、民衆や幕府の
間違った信仰にあると指摘し、批判を展開されました。そして、この「立正安国論」が建白されて
から、40日後、大聖人さまのご草庵が、焼き討ちされた事件が発生しました。この事件が、
「松葉ヶ谷法難」と呼ばれるご法難です。現在では、大聖人さまへの報恩の誠を捧げる聖日として、
日蓮宗寺院に於いて法会が営まれています。当時の鎌倉は、政治の中心地で、さまざまな勢力の権謀術数が
渦巻く中で、「松葉ヶ谷法難」は、発生したと考えられますが、現在、鎌倉に建つ日蓮宗の寺院群には、
その当時の日蓮大聖人さまのご布教のお姿を伝える霊跡が多く残されており、まさに、鎌倉は、
大聖人さまのご生涯においても、大変、重要な地として位置づけられると言えましょう。
合掌
玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

信仰生活の中にある「こころの豊かさ」

2017年08月18日

*「平等性」・「共同性」の価値観を大切にする信仰生活者の「こころの豊かさ」*

わたくしたち僧侶は、集団で修行をする僧堂生活というものをいたします。そこでの共同生活は、上席の

 

僧侶も、末席の僧侶も、同じ時刻に起床し、勤行し、同じ食卓に着き、同じもの食しながら、仏道修行に

 

精進し、それぞれの果たすべき仏事をつとめながら、生活しています。その生活の底流にある思想は、

 

「平等性」・「共同性」であると言えましょう。そういう点から考えると全寮制の公共教育機関などにも、

 

共通性はあると思います。ただ、わたくしたち僧侶の僧堂生活に於ける「平等性」・「共同性」は、

 

あくまで、「仏道」を基として求められるものであり、僧侶同士が、お互いの信仰・人格を高め合う

 

中で、育まれるものであると言えるだろうと思います。そして、今ここで、一つ申し上げたいのは、

 

僧堂生活の経験は無いが、日々、「清浄なる信仰」に基づいて生活をされているお方というのは、常に、

 

「平等性」・「共同性」に、敏感なお方であり、「こころ豊かな精神世界」をお持ちのお方であると、

 

お讃えしたいということでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

画伯のアトリエにて、初盆供養をおつとめする。

2017年08月17日

*絵画芸術が、縁となり、仏事供養に人が集う*

先日、初盆供養をおつとめさせていただいたお方は、生前、画業を全うされた

 

お方でしたが、ご自宅に伺い、おつとめさせていただいたお部屋は、そのお方が、

 

アトリエとして、使用されていたお部屋でした。その広々としたアトリエには、

 

故人の遺作となった作品のほか、何点かの作品が、置かれていて、丁度、部屋の

 

中心部に、故人のお位牌が飾られてのおつとめでした。そして、そこに、お集まり

 

になられた方々は、ご遺族のほか、故人の画業を通して、ご縁が生まれた方々でした。

 

まさに、絵画という芸術の世界において、ご縁が生まれ、こうして初盆供養の

 

おつとめのために、集われているそのお姿に、

 

「おこころの豊かさ」を感じさせていただきました。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「盆」と「正月」 

2017年08月12日

*日本の良き風習「盆」と「正月」*

わたくしたち、日本人が、日常会話において、「盆と正月」という表現をする時、

 

何かしらの「一区切り」感、または、「休息」感をともなって使うことが多いと

 

思われます。たとえば、長年、大都市圏にお住まいになっている地方出身の

 

方が、「盆と正月」には、郷里の実家に帰り、親族と一緒に過ごし、先祖のお墓に

 

お参りするとか、「盆と正月」もしくは、「盆と暮れ」には、日頃、お世話になっている

 

お方にご挨拶に伺うことにしているとか、「盆と正月」という表現は、わたくしたち、

 

日本人にとっては、ひとつの平和性、徳目性をともなって、使われることが多いと感じます。

 

本年、平成29年の8月盆(旧盆)を迎え、今年の「お盆」も、「平和で、徳を積み重ねる、

 

安らかなお盆」としたいと思うところでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

八月盆のこの時期、日本は、供養、慰霊の時を迎える。

2017年08月11日

*日本国民の多くが、ご先祖様の盆供養をおつとめし、先の大戦の戦争犠牲者に対し、慰霊の祈りを捧げる*

本日、8月11日は、国民の祝日「山の日」でもありますが、本日ぐらいから、民間企業の多くでは、

 

「盆休み」に入るところもあることと存じます。そして、その休み期間に、日本の多くの家々においては、

 

ご先祖様の盆供養がつとめられます。と共に、8月15日に、終戦記念日を迎える日本国、日本国民としては、

 

先の大戦で犠牲となられた方々の慰霊の時を迎えます。そのような意味では、この数日の間は、

 

日本列島が、ご先祖様への「供養のおつとめ」と戦争犠牲者に対する「慰霊の祈り」に包まれることでしょう。

 

日本は、美しい海に囲まれ、美しい山々がそびえ、美しい川が流れ、美しい四季がある国です。その美しい国に

 

おいて、この数日は、特に、「美しい心」を以て、過ごさせていただきたいと願うところでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.