LINEで送る

ブログBlog

「転居後、霊現象が起き始めたので、お祓いをしてもらえないか」というご依頼

2017年10月22日

*もともと、霊現象には、縁の無かった方が、転居後、霊現象が起き始めたという場合*

ひと口に「霊現象」と言っても、さまざまな状況が考えられます。

 

最近、複数、ご依頼があったのは、今まで、数十年という人生において、

 

霊現象とは、全く縁が無かった環境で過ごされておられたお方が、引っ越しを

 

され、転居先の住宅で不快に感じる霊現象が起き始め、そのことが日常生活を

 

送る上で精神的苦痛となっているので、「お祓い」をしてほしいというご依頼です。

 

このようなご依頼の場合、その現場にお伺いし、改めて、お話をお聴きし、

 

「法華経」を読誦し、「御題目」をお唱えし、お祓いの作法を行うとともに、

 

その住宅にまつわる諸霊の供養をさせていただきます。そして、そのお方、お方に

 

対して、それぞれに、日常生活上のアドバイスをさせていただいております。

 

そのアドバイスの中には、ご事情が許せば、熟慮の上で、選択肢の一つとして、

 

転居をお考えいただくことも提案させていただいております。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「心が通う」供養とは?

2017年10月21日

*冷たい雨の中、墓地にての四十九日納骨供養の際、故人を想う遺族のお心に合掌*

日に日に、秋も深まりゆくこの頃ですが、先日、冷たい雨の中、墓前にて、

 

納骨供養をかねての四十九日法要をおつとめさせていただきました。その折、

 

ご遺族の方々の故人を想うお心、立ち振る舞いに、思わず合掌させていただきました。

 

その光景をご紹介します。その日は、この季節としては、気温も低く、雨の中での

 

墓前法要でした。はじめに、石材店の方の協力を得て、納骨をし、ご遺族が、

 

お花を上げ、お線香を上げ、次に、お供え物が上げられました。まず、故人の

 

好物であったと思われる「ぼたもち」が、お供えされました。そして、次に、

 

お持ちになっていた手提げバッグから、故人が生前お使いになっていたと思われる

 

「湯呑み茶碗」を取り出され、その後に、「水筒」が取り出され、先の「湯呑み

 

茶碗」に、故人が、普段、飲まれていたと思われる好みの銘柄の温かいお茶が注がれ、

 

お供えされたのです。折からの小寒い外気の中で、「湯呑み茶碗」から、

 

立ち昇る温かいお茶の湯気を見て、私の心が「やすらか」となり、

 

合掌させていただきました。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

首都圏の日蓮宗寺院紹介 市川市 大本山 正中山 法華経寺

2017年10月20日

*国指定重要文化財の大伽藍を護持する、日蓮宗 大本山 正中山 法華経寺*

日蓮宗 大本山 正中山 法華経寺は、千葉県市川市にあります。

 

その由緒、歴史は、日蓮大聖人ご在世の足跡まで、さかのぼります。

 

この法華経寺の建つ、現在の千葉県市川市中山の地周辺の地域は、

 

日蓮大聖人の信者であった豪族、富木常忍が領していましたが、

 

日蓮大聖人が受けられた法難(迫害)の際には、身をお護りするため、領内に

 

大聖人をお迎えし、また、その幾度かのご滞在の機には、大聖人に説法を請い願い、

 

領内の「法華堂」を法座として、百日説法が開かれました。その説法を聞き信者となり、

 

のちに、富木常忍とともに、法華経寺の基を築いた人に地元豪族の太田乗明(おおた

 

じょうみょう)がいます。そして、日蓮大聖人がお亡くなりになった後、富木常忍は、出家し、

 

常修院日常上人となり、太田乗明は、没後、その子、日高上人が信仰を受け継ぎ、富木常忍・

 

常修院日常上人とともに、富木氏、太田氏のそれぞれの自邸、領内に建てられていたお堂、館を

 

お寺として、法華寺、本妙寺と名付け、現在の法華経寺まで続く法灯の大土台を築かれました。

 

その由緒を今に伝えているのが、日蓮宗 大本山 正中山 法華経寺でございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホテルの小広間にて、年忌法要をおつとめする。

2017年10月12日

job_obousan

 

 

*交通の便の良い都内のホテルにて、年忌法要を営む*

 

頻度としては、多くないですが、人が集まるのに、交通の便の良い

 

ホテルの小広間などを会場として、年忌法要をおつとめさせていただく

 

ことがございます。その場合、法要参列者の人数が、近親者のみの

 

10名以内ぐらいであれば、法要をおつとめするスペースの後ろに、

 

法要後の会食用の食卓がセットされていて、法要後、ほどなく、故人の遺影の

 

前にて、献杯の運びとなります。また、ホテルという空間の特性でもある

 

他のお客様への配慮という観点から、木魚、お焼香などの制限がある場合も

 

ございますが、わたくしども玄妙事務所僧侶は、仮に、何らかの制限があっても、

 

誠心誠意、故人の供養をおつとめさせていただいております。

 

 

合掌

 

 

玄妙事務所

 

及川玄妙 HP
法華経手配 http://hokekyo-tehai.com/

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*きょうから、3日間、池上 本門寺の「お会式(おえしき)」奉行*

2017年10月11日

omatsuri_fukuro_kingyoomatsuri_kingyosukui

 

*首都東京にある日蓮宗の名刹、 大本山 池上 本門寺の「お会式」*

 

首都東京にあって、名実ともに、名刹、大寺と言えば、池上 本門寺、芝 増上寺、

 

築地 本願寺といえましょう。その名刹、大寺の 日蓮宗 大本山 池上 本門寺の

 

「お会式」が、きょうから、はじまっています。全国から、30万人が集まるこの

 

一大法会に、一人でも多くの方がご参詣下さりますようご案内申し上げます。

 

 

合掌

 

 

玄妙事務所

 

及川玄妙 HP

法華経手配 http://hokekyo-tehai.com/2017/10/04/oeshiki-gyoji-nichirenshu/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL: 0120-601-701

 042-512-5313 /  genmyoji@yahoo.co.jp◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.