LINEで送る

ブログBlog

いいお坊さんを派遣してもらうために絶対みるべき3つのポイント!

2018年05月07日

「菩提寺が遠くにあるから行きにくい…」「そもそもお寺と付き合いがない…」、なのに法事をすることになった…。そ

んなとき頼りになってくれるのはお坊さん派遣業者です。

しかし、お坊さん派遣業者も数が多くどれがいいのかわからない!そんな方も多いかと思います。

そこで、業者を比較すべきポイントを3つお教えします。

 

■比較すべきポイント
⒈ 運営母体
僧侶派遣業者の運営母体がまずポイントになります。

例えば、株式会社が運営母体であるものは、24時間電話連絡ができたり、住所がしっかり載っていたりというように安心感があります。

 

⒉ 規模の大きさ
規模の大きさもポイントです。

規模が大きいと、評判の悪いお坊さんには全く仕事が舞い込みません。

その結果、質の良いお坊さんしか残らないため、規模の大きい業者であれば、良いお坊さんと出会いやすいということがいえるのです。

 

⒊ 料金が明確
お坊さん派遣業者の中にも、追加料金がかかるものなど料金がわかりにくいものも存在します。

安心して儀式を執り行うためにも、料金がわかりやすいものを選ぶことをおすすめします。読経の相場は35000円ほどであるようです。

 

■まとめ
今回は、数多く存在するお坊さん派遣業者の中から、良い業者を選ぶポイントを3つご紹介いたしました。

参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お坊さん派遣サービスの利用はいいことづくめ!?4つのメリットをご紹介!

2018年05月03日

「お寺との付き合いとかないわ…」「菩提寺ってなに?」そんな声を反映して生まれてきたサービス、それがお坊さん派遣サービスです。

しかし、こうした真新しいサービスには抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

そしてそれが、お寺や法事といった伝統あるものであればなおさらですよね。

しかし、生まれてきたからには理由がある、ということでお坊さん派遣業者を利用するメリットをご紹介します。

 

■お坊さん派遣サービスのメリット

 

⒈料金がはっきりしている

お布施などの、法要に際して発生するお金は、いくら払うべきかが不明確であることが多いです。

それが多くのトラブルの原因になりえます。その点、お坊さん派遣サービスはすべてに明確な価格が設定されているため安心です。

 

⒉相談することが可能
法要に関する疑問を相談できる人は意外といないものです。

しかし、お坊さん派遣サービスを利用すれば、その道のプロともいえるお坊さん派遣業者にいくらでも質問することができます。

 

⒊檀家にならなくていい
派遣されてきたお坊さんとは、その法要一回きりの付き合いです。そのため、檀家になる必要がありません。

檀家になることによって発生するストレスを考えるとこれは大きなメリットです。

 

⒋お坊さんの質が高い
お坊さん派遣業者に所属するお坊さんは、自分に法要の依頼を集めるため、自分の評判を上げようとします。

そのため、プロ意識の高いお坊さんが多いようです。

 

■まとめ
以上のように、お坊さん派遣業者の利用には様々なメリットがあります。

ぜひとも、利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗の総本山ってどこ?そもそも総本山ってなんだ?

2018年04月29日

「我が家は日蓮宗だから」そんなことをきいて、日蓮宗の総本山がなにか知りたくなる方もいるのではないでしょうか。

先祖が信仰していた以上、自分のルーツにも関わってきそうですよね。

そこで、日蓮宗の総本山を紹介します。

 

■そもそも総本山とはなんなのでしょうか?

簡単に言えば、1つの宗派を代表する寺院ということができます。

そして、その宗派のすべての寺院を統括する寺院です。

 

元は、江戸時代に寺院を統制するため考案された制度です。

本山・末寺の制といいます。

これにより、江戸幕府は、総本山を統制するだけで、宗派全体を統制することができたのです。

 

■では日蓮宗の総本山はどこ?

日蓮宗の総本山は、山梨県にある久遠寺(くおんじ)です。山号と合わせて、身延山(みのぶさん)久遠寺と呼ばれることもあります。

久遠寺は、日蓮宗の開祖である日蓮聖人によって開かれ、お亡くなりになるまでの9年間を過ごしたとされています。

 

■観光でいってもいいですか…?

近頃は、信仰というより観光目的で寺院にいくことが多いのではないでしょうか。

久遠寺は観光地としても有名です。

なぜなら、久遠寺の境内にあるしだれ桜が、全国でも他に類をみない美しさを誇っているためです。

 

■まとめ
日蓮宗と関係があったらもちろん、関係がなくとも久遠寺には足を運んでみる価値がありそうです。

桜が美しい春にでも訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他宗派の寺院を参拝しても大丈夫?日蓮宗お坊さん派遣業者が解説!

2018年04月25日

清水寺の舞台から見る紅葉。久遠寺で見る美しい桜。

こうしたことを目当てに旅行する方も多いのではないでしょうか。

 

では、そんなあなたに質問です。清水寺ならば法相宗、久遠寺ならば日蓮宗を信仰していますか?

「はい、そうです!」という方も中にはいらっしゃるでしょうが、多くの方はそうではないことと思います。

では、実家とは違う宗派を参拝することは宗教的にどうなのでしょうか。解説します。

 

■宗派を気にせず参拝ってアウト?

結論からいえば、実家や自分と、宗派が異なる寺院に参拝することは問題ないようです。

仏教には多数の宗派があります。しかし、お釈迦様の教えが根底にあること、心の平穏を得るという目標があることはどの宗派でも同じです。

そのため、方法の自由度は高くていいのです。

 

例えば、風邪の治療を考えた場合。

⒈安静にして自然治癒

⒉市販の薬を飲む

⒊医者に行くのように様々な解決方法があります。

 

そして、風邪が治るならば、どの方法も正解といえます。

すなわち、心の平穏が得られるならば、どの宗派を頼ってもいいのです。

どれか1つ!と決める必要はないのです。

 

■まとめ
以上のように、自分と宗派が異なる寺院に参拝しても問題はないようです。

普段こうしたことを意識することはないかもしれませんが、その寺院をより深く知る契機になるかもしれませんね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

言えなきゃ社会人失格!お盆ってどんなものかちゃんとわかってる?日蓮宗専門僧侶派遣業者がご紹介!

2018年04月21日

現代において、仏教の存在を意識することはあまりないですよね。

しかし、いまだ残っている仏教的な風習もあります。それはお盆です。お盆休みなんて言い方は今でもしますし、盆踊りをしたことのある方も多いと思います。

しかし、お盆とはどういうものなのか理解ししている方はあまりいないのではないでしょうか。お盆とはどんな行事なのでしょうか。

 

■お盆とは

端的に言えば、先祖の霊を供養するための行事です。

お盆の時期、すなわち関東では7月頃、全国的には8月頃になると、先祖の霊がこの世に帰ってくるとされています。

盂蘭盆会(うらぼんえ)という仏教的な行事に先祖の霊への信仰が混ざって形成されてきた風習のようです。

 

■お盆はなにをするの?

お盆がはじまると、先祖の霊が帰ってこれるように迎え火を焚きます。

そして、お盆の終わりには先祖の霊を送り出すために迎え火を焚きます。

これに加え、お盆には様々なしきたりがあります。

例えば、精霊棚(しょうりょうだな)があります。

 

精霊棚はお盆の時期限定の祭壇のようなものです。ナスで作った牛やキュウリで作った馬を見たことのある人も多いのでは?

行きは馬に乗って早く来て欲しい、帰りは牛に乗ってゆっくり気をつけて帰って欲しいという思いが込められているようです。

 

■まとめ

お盆休みにはゆっくりと休みがとれる方も多いかと思います。お盆は自分のルーツに思いを馳せるきっかけにもなるかもしれません。伝統的な行事ですから、大事にしていきたいものですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/

アメーバブログ
日蓮宗専門 心に残るお葬式・供養・除霊・お祓い
「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701

042-512-5313 /  genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.