LINEで送る

ブログBlog

「みどりの日」に想う、「豊かな心」とは?

2017年05月04日

*神仏のお心にふれ、「豊かな心」を育む*

きょうは、国民の祝日「みどりの日」です。

 

その制定意義は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心を育む日」と

 

されています。

 

「自然に親しむ」ということは、大変、素晴らしいことだと思います。「豊かな心」を

 

育む「素地」になると思います。そして、「自然の恩恵に感謝する心」の持ち主は、

 

まさに、「豊かな心」の持ち主であると思います。

 

自然のみならず、「あらゆる恩恵」に「感謝する心」を持てるようになりたいものです。

 

特に、その「恩恵」の中に於いて、「神仏からいただく恩恵」、すなわち、

 

「神仏の浄(きよら)かなお心にふれる、信仰のよろこびの恩恵」ほど、有り難い恩恵は、

 

他に無いと存じます。

 

きょうの「みどりの日」の祝日に際し、改めて、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し」

 

そして、さらに、

 

「神仏からいただく恩恵に奉謝する」次第です。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「僧衣姿」の有り難さ

2017年05月02日

*見ず知らずの人から、親切な行為を受ける僧衣姿*

私は、普段、主に、公共交通機関を移動の手段として、その時々の法事、法務へ

 

お伺いしておりますが、初めてお伺いする葬儀式場なり、霊園墓地なりに向かう途中、

 

道に迷ってしまうことがあります。そのような時、路上で、スマートフォンのタブレットの

 

地図を見ながら、立ち止まっていると、見ず知らずの人から、

 

「どこか、お探しですか?」

 

と、お声を掛けていただくことがあります。そして、

 

「すいません、--へ、行きたいのですが・・」

 

と、申し上げると、地元に在住されておられる方ならではの分かりやすい

 

道順をアドバイスしていただくことがあります。

 

この誠に有り難い、親切な行為を受けることが出来るのは、その見ず知らずの

 

親切なお方の眼に、私が、

 

「地図のようなものを片手に、道に迷われているお坊さんがいる」

 

と、映っておられ、

 

「どこか、お探しですか?」

 

と、お声を掛けていただいたと存じます。

 

もちろん、このような親切なお方は、私が、「僧衣姿だから、

 

特別に声かけをした」ということでは無いとは存じますが、

 

私には、そのお方が、「仏様のお使い」としか思えないのでございます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

きょうは、日蓮宗「立教開宗会」

2017年04月28日

*全国各地で、「立教開宗会」の法会が、営まれる*

先日もお伝え致しましたが、本日は、日蓮聖人が、この世界において、初めて、

 

「南無妙法蓮華経」

 

と、お唱えになられた「立教開宗会」の聖日でございます。

 

立教開宗の聖地、千葉県 鴨川市 日蓮宗 大本山 清澄寺に於いては、

 

午前4時50分より、「旭日暁天法要」が、営まれたことと存じます。

 

まさに、765年前、東方洋上より上る旭日に向かい日蓮聖人がお唱えに

 

なられたお題目が、765年後の今日、同聖地に響き渡ったことと存じます。

 

この「旭日暁天法要」が、お勤めされたことは、お題目との縁をいただいている

 

私どもにとりましても、法悦感謝の念をもって、合掌申し上げます。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗「いのりんぴっく」のご紹介

2017年04月27日

*お題目との縁づくり*

日蓮宗では、一人でも多くの人と「お題目」との縁を結んでいただくため、

 

「いのりんぴっく」を開催しています。

 

今回は、今年の4月4、5日に、柴又・帝釈天・題経寺境内で行われた

 

「第12回いのりんぴっくー花まつりでえんむすび」

 

の記事からご紹介いたします。

 

この行事は、日蓮宗僧侶と多くの人々とのふれあい・交流を通じ、

 

「仏さまとのご縁・お題目とのご縁」が、生まれ、深まればと開かれています。

 

さまざまな企画の中には、「お坊さんカフェ」という出店もあり、そこでは、

 

僧侶による甘茶の接待もあり、メニューとして「飲み物と東北三県の銘菓セット」

 

が用意され、その料金は、東北支援に寄付されたということです。さらに、東日本大震災復興支援の

 

一環として、各地の寺院・檀信徒による名産品を集めた物産展や、被災地の女川からは

 

サンマのつみれ汁が振る舞われ、来場者に、大変、喜んでいただけたということです。

 

以上、先日、開催された「第12回いのりんぴっくー花まつりでえんむすび」の一コマを

 

紹介させていただきました。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お坊さん派遣業者の選び方 その2

2017年05月31日

 

お坊さん派遣業界には、株式会社、有限会社、僧侶が独自に運営する集まりなど様々な団体が参入しています。
人材派遣業者のように、お坊さんを登録してしまい、依頼があったところに派遣するという形式をとるところもあるため、実際にどのようなお坊さん、僧侶がやってくるか分からないこともあるようです。

 

 
こうしたことから、事前に以下の事を確認することが求められます。

まず、僧侶の登録基準に注目するというものです。
僧侶にランクがあるわけではないため、同じ僧侶でも、僧侶になって日の浅い人も大ベテランも扱いは同じになります。

 

 
このため、そのお坊さんがどのようなことができるのか重要な要素となります。
しっかりとしたクオリティによって営業しているのか、そのあたりのことは問われます。

 

 
運営会社は大きい方が安心というのは、それらのノウハウがしっかりしているためと言われています。

もちろん、新しくサービスを開始したようなところはノウハウに欠けるため、注意が必要です。

 

 
業者の中には事前にお坊さんと話ができるところもあるため、そうしたところで依頼をすることで、当日来たお坊さんのクオリティがひどく、ただでさえ気分が落ち込んでいるのに、さらに精神的に参るといったことを避けることができます。

後悔しない派遣業者を選ぶようにしましょう

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.