LINEで送る

ブログBlog

故人が日蓮宗。初盆を迎える準備とは

2018年08月03日

東京の「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では法事一律3万円(交通費・お膳料含む)で依頼主様の所在地まで僧侶が直接お伺い致します。

 

例えば年回忌法事の四十九日・初盆のお経(7月1日~8月末期間)、通常のお盆、1周忌・3回忌、7回忌以降、ペット供養、ペット火葬お葬式、家のお祓い、ご祈祷、霊障・憑依・生霊のお祓い、地鎮祭などそれぞれ一律3万円で執り行います。

別途お布施は不要、安心定額安価、謙虚で温厚、13年間で御祈祷・御供養の法務件数1万件以上を誇る気さくな僧侶が皆様の元へ参ります。

 

初盆を迎える場合は僧侶や親族などを招いて法要を行いますが、お盆の時期はお寺も忙しくなるので遅くとも1ヶ月前までには連絡しましょう。

準備するものは盆ちょうちん、精霊棚の組み立ては迎え火の前日12日までには終わらせると良いでしょう。

 

法要後に会食をご予定の際は料理を手配しますが、仕出しや食事処をご予約の際は法要の旨をお伝えしましょう。

初盆は普段のお盆と違い、念入りに行われます。

またお盆は故人様のみならずご先祖様が皆帰ってくる大切な時期ですのでしっかりご供物を並べてお迎えしましょう。

 

他社と違い、法務終了後も礼拝所にてお経を唱え、故人様のご供養をしばらく善意(無料)でご供養いたします。

ご予算の相談にも応じ、ご法務2件以上お申し込みの際も安価にしますのでご安心下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京立川 僧侶派遣 法華経手配
http://hokekyo-tehai.com/

アメブロ「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701
TEL 042-512-5313 / MAIL genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗の葬儀をするなら知っておきたいマナーとは

2018年07月30日

葬儀にはさまざまなマナーが存在することは誰もがご存知のところでしょう。

一方でその参加機会は多いものではありません。更にそのマナーは宗派によって異なることも多いため、正しいマナーで参加することは非常に難しいと言えます。

 

そのため、大切な故人を正しく見送るためにも参加する葬儀の宗派に合わせたマナーは事前に調べておくことをおすすめします。

 

数ある宗派の中で「日蓮宗」の葬儀に参加する場合、その意味合いは故人をその霊山浄土に導く儀式が中心です。

この霊山浄土というのは、インドの霊鷲山のことでありインド・ビハール州のほぼ中央に位置する実在の山です。

日蓮宗ではお釈迦様が教えを説いたその地を浄土としているため、その地に導く儀式が葬儀の中心として行われるのです。

 

そんな日蓮宗の葬儀における気になる焼香の数は三度くべるのが正式と言われています。

数珠は左にし、抹香は右手の親指と人差指でつまみ左手を添えて香炉にいれるようにしましょう。

その際にはお線香は1本か3本立てるのが良いでしょう。

 

ただし、寺院や僧侶によって細かい考え方が違う場合もある点には注意が必要です。

わからないときは恥ずかしがらずスタッフに質問することをおすすめします。

 

難しく考えすぎず、でもできるだけ正しいマナーで心をこめて大切な故人のお見送りをしてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京立川 僧侶派遣 法華経手配
http://hokekyo-tehai.com/

アメブロ「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701
TEL 042-512-5313 / MAIL genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

家が日蓮宗なら、その教えを知っておきませんか?

2018年07月26日

日蓮宗は鎌倉時代の僧侶である日蓮が教えを開いた仏教の一つで、現在は日蓮亡き後のその弟子によって宗派も分かれている特徴が見られます。

釈迦が説いた仏教の中でも法華経を根本にした教えで、同じく法華経を説いた伝教大師が開いた天台宗とその点では同じです。

 

そのため法華経の題目である「妙法蓮華経」を中心として、それを唱えることを原則にしています。

ただ天台宗との違いは、末法前の法華経と末法後の法華経による相違が存在する点で、末法後の法華経の教えで日蓮宗が優劣においては勝とします。

 

日蓮宗の礼拝の形式は、朝夕と紙曼荼羅に向かって「妙法蓮華経」の題目を唱えることを柱にします。

総本山は山梨身延にあり、日蓮が最後に入山を行った山となります。

 

日蓮は当時の鎌倉時代の世相が疫病や震災、戦乱続きの状態にあるのは、国を治める権力者が誤った信仰を持っており、それを拠り所にしているからだと断じています。

その証拠が四箇の格言で「念仏無限・禅天魔・真言亡国・律国賊」という言葉に示されております。

 

また激しく他宗の誤りを指摘したことで、快く思わない僧侶や権力者から命を狙われる激しい迫害を受けた人物としても知られています。

日蓮宗の教えは法華経の題目である「妙法蓮華経」を唱えることですが、現在は各地に日蓮宗の末寺が存在し、他の宗派と同じ様に菩提や法要を弔ったりすることも可能です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京立川 僧侶派遣 法華経手配
http://hokekyo-tehai.com/

アメブロ「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701
TEL 042-512-5313 / MAIL genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日蓮宗での法要、お布施の目安とは?

2018年07月22日

お布施の金額をいくらにしたら良いのかと悩んでしまうことがあります。

基本的に日蓮宗などの宗派やエリアに関係なく、一般的に3~5万円ぐらいが相場と言われています。

この金額に御車代や御膳料などをプラスするケースもあるので、だいたいまとめると総額5万円ぐらい渡しているようです。

 

故人を偲ぶ会としてお寺の人にも失礼に当たらないような金額で、自分の負担にもならないぐらいの妥当な金額を謝礼として渡すと良いでしょう。

尚、お寺と親交があったりエリアによってある程度の金額が決まっていることもあるので、決まった金額を渡すという暗黙のルールがもしあれば一度親戚や周囲の人に確認しておくと安心です。

 

宗派や地域によってお布施の相場が異なりますが、これらの金額はあくまで平均額になります。

お寺との関係性やエリアの特色などを考慮してお寺に渡す金額を決めた方が良いでしょう。

 

どうしても気になったり不安に思うようなら、一度お寺に相談する方法もあります。

直接相談することで分かりあえることもあり、何かしらの解決策が見つかるかもしれません。

 

家族と話し合って事前に金額を決めておくと後で何かしらのトラブルが起こらないで済むこともあります。

故人を偲ぶためのせっかくの会が、お寺や家族の双方にとって有意義なものになるよう事前に準備しておくと良いでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京立川 僧侶派遣 法華経手配
http://hokekyo-tehai.com/

アメブロ「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701
TEL 042-512-5313 / MAIL genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お坊さん派遣を頼むときの注意点をご紹介します。

2018年07月18日

ニュースなどでも取り上げられたお坊さん派遣ですが、そういうサービスが出てくるのはニーズがあるから機会があれば頼む人もいるでしょう。

もし、お坊さん派遣を頼むとしたら、いくつかの注意点は知って起きたほうがトラブルを防げます。

 

では具体的に注意点とは何かというと、菩提寺との関係が悪くなる可能性があります。

もともと菩提寺でお経を上げてもらったり戒名を付けてもらうときにも、お店のような明確な料金設定というものがありませんから、高額なお布施を請求されることに不満を感じていた人が少なくありません。

 

お坊さん派遣が話題になったのは、そこに定額でお坊さんを呼べるということで、費用を抑えることが出来るという安心感が生まれたからです。

しかし、葬儀や法事はお坊さん派遣を利用して、納骨はこれまでと同じ墓にということになれば菩提寺としては収入が減ってしまいます。

 

そこで納骨を拒否されてしまうこともあるのです。

場合によってはもう一度葬儀や法事を行うようにと要求されます。

そうならないためにも、あらかじめ菩提寺と話をつけてから、お坊さん派遣を依頼しなければいけません。

 

それから出前のように気軽に頼めると思っている人が老いですが、流石に当日や前日の依頼では来てくれない業者もあります。

業者選びをするときには何日前までの依頼ならば良いのかを確認しておきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京立川 僧侶派遣 法華経手配
http://hokekyo-tehai.com/

アメブロ「東京のお坊さんの心が温まるブログ」
https://ameblo.jp/kotujiki/

フリーダイヤル 0120-601-701
TEL 042-512-5313 / MAIL genmyouji@yahoo.co.jp

東京都立川市柴崎町2-9-3 玄妙ホール

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

親切かつ丁寧に対応致します!お坊さん・僧侶派遣は当社にご相談下さい

御車代・お膳料を含めた総額提示だから安心のお坊さん派遣サービスをご提供する「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」では、葬儀・法事・供養・祈願などの法務終了後しばらくの間、善意 (無料) にて故人様をご供養させて頂きます (礼拝所でお経を唱えます) 。
お坊さん派遣の対象地域は東京と神奈川を含む関東エリアを中心としておりますが、ご要望があれば全国どこでも出張致します。菩提寺をお持ちでない方や疎遠になってしまった方、「日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣」は1回のお申し込みから承っております。お布施料をなるべく抑えたいという方も安心して当社にお任せ下さいませ。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣 All Rights Reserved.